スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

大鵬は早熟、千代の富士は晩成……。
「優勝パターン」で白鵬の今後を予想。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2015/01/26 11:50

大鵬は早熟、千代の富士は晩成……。「優勝パターン」で白鵬の今後を予想。<Number Web> photograph by Kyodo News

史上最多となる33度目の優勝を、10場所ぶり11度目の全勝優勝で飾った白鵬。全勝優勝記録も史上最多である。

育ちのパターンとして朝青龍に近い白鵬。

 白鵬の場合、力士としてのタイプはまったく違うが、育ちのパターンとしては朝青龍に近い。極端な早熟というよりも、20代中盤から絶頂期が訪れた。

 白鵬自身、「これからは、2敗、3敗の優勝が増えると思う」と話しているが、さて、30代にどれだけの相撲を取ることが出来るだろうか。

 今場所の全勝を見る限り、まだまだ勝ち続けそうな気配だ。トレーニング、治療の進化もあって、現役としての寿命は長くなっている。

 もしも、千代の富士のように30代中盤まで綱を締めたとするなら、40回どころか、50回の優勝回数も射程に捉えることが出来るかもしれない――。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

白鵬
大鵬

相撲の前後のコラム

ページトップ