SCORE CARDBACK NUMBER

絶好調のリラードが、常に冷静沈着である所以。
~NBA屈指のクラッチ・シューター~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/01/23 10:00

絶好調のリラードが、常に冷静沈着である所以。~NBA屈指のクラッチ・シューター~<Number Web> photograph by Getty Images

12月20日に行われたスパーズとの一戦では、自己最多の43点をあげ王者を見事撃破した。

 いつからか、それは“リラードタイム”と呼ばれるようになった。ポートランド・トレイルブレイザーズの試合終盤のことだ。競っているときはもちろん、負けていても、エースのデミアン・リラードが、まるでスーパーヒーローのように颯爽とシュートを決め、チームを勝利に導くところからつけられた。リラード本人も「かっこいいね。ぴったりだと思う」と、お気に入りの表現だ。

 リラードの勝負強さは昨シーズン、ロケッツとのプレイオフ1回戦で、残り0.9秒からシリーズ勝ち抜きの逆転ブザービーターを決めたことで一躍有名になった。今シーズンも、すでに何度も“リラードタイム”が発動し、昨季のチャンピオンであるスパーズを始め、多くのチームが犠牲になっている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 581文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

二十歳のころ。

Sports Graphic Number 870

二十歳のころ。

 

関連記事

ポートランド・トレイルブレイザーズ
デミアン・リラード

バスケットボールの前後の記事

ページトップ