SCORE CARDBACK NUMBER

怒濤の1年を経た遠藤。密かに重ねた努力は実るか。
~“45勝45敗”からの逆襲へ~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byToshifusa Shigihara

posted2015/01/10 10:30

怒濤の1年を経た遠藤。密かに重ねた努力は実るか。~“45勝45敗”からの逆襲へ~<Number Web> photograph by Toshifusa Shigihara

今年の目標について遠藤は「勝ち星を先行させて、三役を目指す」と一層の飛躍を誓った。

 45勝45敗。2014年の遠藤の成績は、白星と黒星の数が綺麗に並んだ。「ある意味すごいですね。数字通り、よくも悪くもない1年でした」と、冬巡業の支度部屋で、ほっとした笑顔を見せる遠藤がいた。

 1年納めの11月、九州場所を後半8連勝の10勝5敗で終えたことには、自身も手応えを感じていたようだ。「今までのように、前半がよくても後半失速するパターンじゃなかったですよね。いろいろな流れを経験できた1年でした」とその表情は明るかった。

 '14年の初場所では11勝で初の三賞を受賞するものの、3月は6勝9敗で負け越し。5月は初金星を獲得するも、7勝8敗で再び負け越す。7月の名古屋場所では、初めて7勝7敗で千秋楽を迎え、ぎりぎりでの勝ち越しを決めた。9月場所では前頭筆頭で3勝12敗と、これもまた初めて、二桁黒星の洗礼を受けた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

遠藤
逸ノ城

相撲の前後のコラム

ページトップ