SCORE CARDBACK NUMBER

正念場のフェド杯で必要な、クルム伊達というピース。
~2部昇格に向けて精神的支柱を~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/12/26 10:00

正念場のフェド杯で必要な、クルム伊達というピース。~2部昇格に向けて精神的支柱を~<Number Web> photograph by Getty Images

2014年の全米では、複でチェコのストリコバと快進撃を見せ、キャリア初となる準決勝進出。

 女子国別対抗戦フェド杯の日本代表が正念場を迎えている。日本は'14年、ワールドグループ(WG)2部で1回戦敗退、入れ替え戦でも敗れて降格、'15年はアジア/オセアニアの地域予選に回る。8カ国で争う地域予選は2月4日から中国・広州で開催。優勝すれば4月のWG2部入れ替え戦進出となる。国別ランキングで日本は18位と出場国の最上位だが、情勢は楽観できない。

 日本に次ぐ21位のタイは'14年の優勝国、22位のカザフスタンはツアーで活躍する選手を複数そろえる。中国はここ数年ベストメンバーを招集できていないが、底力はあり、地元開催も有利に働くだろう。日本の主力は'14年にツアー初優勝を飾った奈良くるみ(世界ランク44位)だが、フェド杯では単複通算3勝4敗、土居美咲も2勝7敗と実績は物足りない。'13年まで22勝の森田あゆみは腰痛のリハビリ中で復帰のメドが立っていない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 558文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

羽生結弦~2014-15 フィギュアスケート~

関連記事

クルム伊達公子
村上武資
吉田友佳

テニスの前後の記事

ページトップ