フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

男子金銀、女子銅の日本フィギュア勢。
Jr.GPファイナルで魅せた若手選手達。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/12/16 11:20

男子金銀、女子銅の日本フィギュア勢。Jr.GPファイナルで魅せた若手選手達。<Number Web> photograph by Getty Images

ジュニアGPファイナルでの男子表彰台。左から銀メダルの山本草太、金メダルの宇野昌磨、銅メダルのアレクサンドル・ペトロフ(ロシア)。

 12月12日バルセロナで開催されたジュニアGPファイナル男子で、全日本ジュニアのトップ2人が1位と2位を独占するという快挙を遂げた。SPでノーミスの演技をしてトップに立ったのは、大阪出身の山本草太。全日本ジュニア2位だった彼は、試合で3アクセルを成功させたのは初めてだと笑顔を見せた。

逆転優勝した宇野昌磨。

 フリーではSP3位だった16歳の宇野昌磨(うのしょうま)が、シーズン自己最高スコアを出して逆転優勝を決めた。

「フリーは自分でもびっくりするほどいい演技が出来た。SPでは練習してきたことを見せられなくてちょっと悲しかった。でもフリーはそれを打ち消すような演技ができました」と優勝会見でコメントしたように、フリーはノーミスの素晴らしい演技だった。

 冒頭の4トウループからきれいにきまり、2度の3アクセルを含む合計8回の3回転ジャンプを成功させた。バルセロナの観客は、スタンディングオベーションで宇野を讃えた。フリー163.06とジュニア初の160点台をマーク。総合238.27とパーソナルベストを更新した。

「順位のことを考えると演技に影響が出るので、次のジャンプのことだけを考えて滑っていました」

 そう語った宇野は、小塚崇彦、羽生結弦に続く史上3人目の日本男子ジュニアGPファイナルタイトルを手にした。

初の大舞台で冷静な演技を見せた14歳の山本草太。

 総合2位だった山本草太は、「結果は嬉しいけれど、ここでの目標は3アクセルを成功させることだったのでちょっと残念」と苦笑い。フリーでは出だしのアクセルこそパンクさせてしまったが、冷静に持ち直して、残りはノーミスで7回の3回転ジャンプをきれいに降りた。フリーは136.98で3位、総合213.12で初の大舞台で堂々2位となった。

 憧れの選手は羽生結弦という山本は、似ているところはと聞かれると「体型と、自分も性格が負けず嫌いのところ」と笑顔を見せた。

 3位には207.14でロシアのアレクサンドル・ペトロフが入った。

【次ページ】 シニアに迫る演技を見せたジュニア女子。

1 2 3 NEXT
永井優香
中塩美悠
山本草太
宇野昌磨
羽生結弦
エフゲニア・メデベージェワ
セラフィマ・サハノヴィッチ
エリザベータ・トゥクタミシェワ
樋口新葉

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ