SCORE CARDBACK NUMBER

信じ続けた自分の可能性。岩出玲亜は東京の星となるか。
~初マラソンで3位、強気の19歳~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKYODO

posted2014/12/06 10:30

信じ続けた自分の可能性。岩出玲亜は東京の星となるか。~初マラソンで3位、強気の19歳~<Number Web> photograph by KYODO

同じ三重出身の野口みずきが目標の19歳。昨年12月にはハーフで日本ジュニア新記録を樹立。

 11月16日、横浜国際女子マラソンが行なわれた。最後の100mにまでもつれこんだ一騎打ちを制して優勝した田中智美(第一生命)の走りは見ごたえがあったが、さらに強い印象を残したのが3位に入った19歳の岩出玲亜(ノーリツ)だった。タイムは2時間27分21秒、1997年に市橋有里が出した2時間29分50秒の10代日本女子最高記録を17年ぶりに更新した。

 今大会は岩出にとって初マラソンだったが、実は練習でも30kmまでしか走ったことがなく、初めての42.195kmだった。近年はトラックや駅伝で経験を積んでからマラソンに挑む選手がほとんどであることを考えても、異例の挑戦だと言える。しかも、5km過ぎからペースメーカーの配分ミスで急激にペースが上がるなど対応しにくい展開を経ての成績だけに、なおさらインパクトは強い。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 538文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ザックジャパンの遺産。~「通訳日記」で読み解く14の教訓~

関連記事

岩出玲亜
田中智美
森岡芳彦
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ