Number ExBACK NUMBER

佐藤琢磨、苦難のシーズンを終え、
インディカーでの2勝目を誓う。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTS Enterprise

posted2014/12/01 10:30

佐藤琢磨、苦難のシーズンを終え、インディカーでの2勝目を誓う。<Number Web> photograph by TS Enterprise

チームメートとなるジャック・ホークスワークとともに、新体制を発表した。

契約延長、予算増加、2台体制と次々に追い風が!

 トライ&エラーでレースに挑み、表彰台にあと一歩まで迫る中、“あともう1セッション、セッティングを試すことができれば”と考えることもあった。

 今季インディカーシリーズを制したウィル・パワーが所属するチーム・ペンスキーのように複数台体制であれば、データをさらに蓄積でき、トップとの差を埋めることが出来るはず――。

 短いオフを過ごしていた琢磨に朗報が届いた。

 シーズンを通して、チームの戦闘力を高める琢磨の能力をAJフォイトは高く評価。契約延長が提示された。さらに今年10月には、チームのメインスポンサーのABCサプライが、スポンサード10周年を記念して、予算の増額を決定。来季のフルタイムの2台体制が発表されたのだ。

「1台体制の良さもありますが、今の時代と環境ではその恩恵はほとんど得られず、複数台体制をずっと渇望していたんです。特に来年はテスト日数制限のレギュレーションが厳しくなるため、セットアップを合わせこむには1台では限界があります。

 走行時間を有効に使い、質の高いテストをするためにも、新しく導入されるエアロパッケージを使いこなすためにも、複数台体制が必要不可欠です。

 冬のテストでは、去年までよりも2倍の情報量が入ってくるわけですから、エンジニアリングも強化して、新シーズンに挑みたい。優勝した'13年があり、苦しくも後半にチーム力をあげることができた'14年。実はこの流れは繋がっていて、'15年のシーズンは本当に複数回の優勝を狙っています。

 そして、オーバルでも優勝を!」

「上を目指す気持ちは、若いときとなんら変わらない」

 6年目のシーズン開幕は来年3月8日、ブラジルとなる。

 来季はインディ参戦100レースを数える琢磨も37歳となり、ベテランの域に入ってきた。心技体に衰えは感じないのだろうか。

「確かに十代、二十代前半のドライバーを見ていると若さは多少なりとも脅威に感じることはありますよ。来季のチームメイトも23才のジャック・ホークスワーク。トニー・レナ・ライジング・スター賞を獲得した気鋭のドライバーです。でも、彼からは良い刺激も受けるだろうし、お互いにレベルを上げて行きたい。気持ちはこれまでよりも上がっているくらいなんです。

 フィジカル面でも、契約しているデサントの担当者に、トレーニングウェアの開発について積極的に意見を伝えています。どうせやるならいい物を作りたいですしね。そうすると、自分も結果を残さなくちゃいけなくなる。逃げ道をなくすんです。不器用な生き方かもしれないですが、そうやって自身を奮い立たせてやってきました。だから今でも、自分でハードルを上げてしまいますね。上を目指したいという気持ちは、若いときと変わらないんです」

2006年から佐藤琢磨をスポンサードするデサントのトークショーイベントで、来季の決意を改めて語った。

関連記事

BACK 1 2
佐藤琢磨

モータースポーツの前後の記事

ページトップ