REVERSE ANGLEBACK NUMBER

ブラインドサッカーの魅力と危惧。
見る者を圧倒する激しい“肉弾戦”。 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byMoto Yoshimura

posted2014/11/27 10:30

ブラインドサッカーの魅力と危惧。見る者を圧倒する激しい“肉弾戦”。<Number Web> photograph by Moto Yoshimura

ブラインドサッカー世界選手権で繰り広げられた、ブラジルとコロンビアの試合。「なぜそのプレーが出来るのか」。初めて観戦した人間は多くの場合そう思うという。

オリンピックとパラリンピックの差とは?

 こういうスポーツを見ていると、いつも感じるのはオリンピックとパラリンピックの差異の意味だ。わざわざふたつを分ける必要があるのかと。

 オリンピックではサッカー、パラリンピックではブラインドサッカーというのが現在の区分だが、サッカーという競技の中で、ふたつが違う種目として存在してもいいのではないか。ブラインドサッカーのフィールドでは視覚がないことはハンディキャップではなく、ただの競技上の条件でしかないようにも思える。走り高跳びと砲丸投げの選手の肉体条件は全く違う。それでも陸上でひとくくり。だったらブラインドサッカーだってと思うのだ。

 その一方で、これだけ激しく、専門化してしまうことへの危惧もないわけではない。少なくとも競技者の最先端では、目にハンデのある人が、安全に楽しく、勝敗を度外視して楽しむスポーツではなくなっている。強さの追求はほかの人気スポーツとほとんど変わりがない。それが正しいのかとなると、目の前の楽しさを単純に称賛するわけにもいかないように思え、試合を見終えた後の帰り道、コーヒーをすすりながら考え込んでしまった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ