SCORE CARDBACK NUMBER

日本シニアオープンに漂う“人間臭さ”の魅力。
~倉本の優勝とニクラウスの至言~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2014/11/15 10:30

日本シニアオープンに漂う“人間臭さ”の魅力。~倉本の優勝とニクラウスの至言~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

15アンダーで優勝した倉本昌弘。今年2月、現役選手初の日本プロゴルフ協会会長に就任。

 日本の男子ツアーが低迷している。様々な理由が考えられるが、ひとつは選手が画一化されて、個性が感じられないということが大きな要因ではないかと思う。

 かつてはスイングを見ただけで選手が判別できるほど、個々の特徴がはっきりしていた。今はそれがないし、ゲーム性を愉しむというよりも、飛距離やショットの精度のみが重要視されているような気がする。ともすれば、無味乾燥な試合になってしまう。

 これは米ツアーにもいえる傾向らしい。最近、ジャック・ニクラウスが「あまりにもデータ中心になり過ぎている」と語っていた。

 十数年前から一打一打を分析し、数値化するショットリンクというシステムが導入された。ニクラウスが言わんとしているのは、“ゴルフの醍醐味はデータ分析だけでなく、人間力やゲーム性にあるのだから、データに頼りすぎるのはいかがなものか”ということだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 492文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

BASEBALL FINAL 2014

Sports Graphic Number 865

BASEBALL FINAL 2014

 

関連記事

倉本昌弘

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ