SCORE CARDBACK NUMBER

来春のドーム大会へ勢いづく新日本プロレス。
~棚橋、中邑、オカダに続く男は?~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/11/05 10:00

来春のドーム大会へ勢いづく新日本プロレス。~棚橋、中邑、オカダに続く男は?~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

AJスタイルズにハイフライフローを見舞う棚橋。この日、自身7度目の戴冠を果たした。

 来春1月4日開催予定の東京ドーム大会のメインカードが棚橋弘至とオカダ・カズチカのIWGPヘビー級選手権試合に決定し、新日本プロレスの'15年のバトルラインが固まった。業界の他団体を抑え“一人勝ち”の盟主が、新年早々、押せ押せムードで突っ走りそうだ。

 台風19号に直撃された10月13日の両国国技館。暴風と横殴りの雨のなか、館内を満たしていたのは嵐を吹き飛ばすような熱気だった。王者・AJスタイルズに立ち向かった棚橋が新日本のシンボルを“外敵”から取り戻した瞬間、超満員の観客席が歓喜に沸いた。このIWGP決戦はファイトの中身そのものはともかく、観客の心をひとつにした興奮度という指標において今年のベストバウトと呼べるかもしれない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 603文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

これでいいのか? 日本代表。

Sports Graphic Number 864

これでいいのか? 日本代表。

 

関連記事

棚橋弘至
中邑真輔
オカダ・カズチカ
ヨシ・タツ

プロレスの前後の記事

ページトップ