SCORE CARDBACK NUMBER

箱根予選会で新記録、村山紘太が見せた可能性。
~城西大エース、1区起用はあるか~ 

text by

折山淑美

折山淑美Toshimi Oriyama

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2014/11/01 10:30

箱根予選会で新記録、村山紘太が見せた可能性。~城西大エース、1区起用はあるか~<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

圧倒的な実力を見せた村山だが、チームは9位での通過。最後まで表情はヒヤヒヤだった。

 これまでは外国人選手が飛び出して独走状態を作るのが常だった箱根駅伝予選会。10人の20km走の合計タイムで競うレースは、今年もスタートしてすぐにエノック・オムワンバ(山梨学大)が先頭に立った。だが、5kmを14分30秒のイーブンペースで行こうとする様子を察知した村山紘太(城西大)が「自分としては遅めのペースと感じていた。でも周りを見るときつそうな感じだったので、ここで一気に仕掛ければいけると思った」と飛び出し、10kmまでの5kmを14分14秒で突っ走った。

「アジア大会で日本代表として走った以上、『代表がここで負けてはいけない』と思ったし、他校の選手の日本人1位を狙うという言葉を聞いて、『村山紘太を忘れているんじゃないか』と思いました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 624文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

これでいいのか? 日本代表。

Sports Graphic Number 864

これでいいのか? 日本代表。

 

関連記事

村山紘太
エノック・オムワンバ
山梨学院大学
櫛部静二

陸上の前後の記事

ページトップ