ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

『七人の侍』の名場面で説く“柳生流”剣術の根本原理。
~前田英樹・著『剣の法』~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2014/10/29 10:00

『七人の侍』の名場面で説く“柳生流”剣術の根本原理。~前田英樹・著『剣の法』~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『剣の法(のり)』前田英樹著 筑摩書房 2300円+税

「新陰流の刀法を実技面からかなり詳しく書いた」(まえがき)のが本書だ。著者は大学の現代心理学の教授で新陰流・武術探求会を主宰している。四百数十年も前の戦国時代に信綱を流祖とし、柳生宗厳(むねとし)に伝えられ、その子宗矩(むねのり)の代に徳川「御流儀」とされた新陰流。老人世代には講談や剣豪小説で“柳生流”とも呼ばれたおなじみの剣術。その「刀法が成り立つ根本原理を」語るのだが、武道教本ではない。ユニークな日本文化論を提示する思想書のおもむきだ。

 岩波文庫に柳生宗矩『兵法家伝書』がある。巻末に武士や天狗が立ちあう図入り古文書が付く。図には「逆風」とか「天狗抄」などと技の名がつけられ、候文の説明が難しい。著者はこれら太刀筋を身体運動とその動きが持つ思想的な意味までを含めて詳述する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 531文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

レジェンドが語る 愛と憎しみのクラシコ。

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ