SCORE CARDBACK NUMBER

好ファイト連続のUFC。意地を見せた日本人たち。
~堀口、金原、菊野らが勝ち名乗り~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2014/10/25 10:30

好ファイト連続のUFC。意地を見せた日本人たち。~堀口、金原、菊野らが勝ち名乗り~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

TKO勝ちを収めた堀口。「タイトル戦もいつでもできる」と、強気な発言も飛び出した。

 超満員(1万2395名=主催者発表)の観客の中で格闘技を観る興奮を久々に味わった。『UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2014』(9月20日・埼玉)は期待に違わず好ファイトの連続だった。フライ級期待の堀口恭司はジョン・デロス・レイエスを問題にせず、1Rに強烈なパウンドを打ち落としてTKO勝ち。UFCでの戦績を3戦3勝にするとともにランキングを13位まで上げた。このまま勝ち進めば、来年の王座挑戦も決して夢ではない。

 最終的にスプリット・デシジョンで涙を呑んだとはいえ、高度なテクニックでその存在感を十分にアピールした日本の選手もいる。カン・ギョンホを相手に一進一退の攻防を繰り広げ、「ファイト・オブ・ザ・ナイト」(ベストバウト賞)に選出された田中路教(みちのり)だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

堀口恭司
田中路教
水垣偉弥
佐々木憂流迦
金原正徳
五味隆典
中井りん
菊野克紀

格闘技の前後のコラム

ページトップ