プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人に3連敗を喫した阪神の“悔い”。
両監督の、1点にかける采配の差。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/09/12 16:30

巨人に3連敗を喫した阪神の“悔い”。両監督の、1点にかける采配の差。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

鈴木尚広の代走起用が実り、巨人は勝ち越しの1点を手に入れた。3連戦を終えて巨人のマジックは16、もう一波乱起こすことはできるのか。

「動きすぎる」と批判されても、原采配を貫く哲学。

 ただ、あの9回の場面というのは極めて特別で、極端に言えば次はどうでもいい、後先ではなく目の前の1つのアウトに固執して、そのための最善を尽くすしかないというケースだった。それをきちっとやりきれるかどうかということが、チームとしての力量を問われる場面だったわけである。

 8回に鈴木を代走に送ったのは、原監督の勝負だった。結果的にそこで決勝点を奪えず敗れていれば、鈴木投入は批判に晒されたかもしれないが、それでも自分の最善を尽くした。批判を恐れずに策を打ったことで、道は開けた。

 それでは和田監督は、あの9回の場面で本当に最善を尽くして1点を防ぎに行ったのか……。結果論ではなく、やはりどうにも疑問が残るのである。

「動きすぎる」と批判を浴びることもあった今年の原采配だが、結局はそうした批判を恐れずに選手の力、状態を見抜く自らの目を信じて、そのときそのときの最善を尽くしてきたことが、天下分け目の3連戦につながった。

 3連勝と3連敗――。

 1点への、勝負への執念の差を考えると、それは当然の帰結だったのかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
読売ジャイアンツ
阪神タイガース
原辰徳
和田豊
安藤優也
鈴木尚広
呉昇桓

プロ野球の前後の記事

ページトップ