ゴルフPRESSBACK NUMBER

マキロイとの11打差は“自信”の差。
松山英樹が陥った「負の連鎖」とは。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byJun Hiraoka

posted2014/07/19 11:30

マキロイとの11打差は“自信”の差。松山英樹が陥った「負の連鎖」とは。<Number Web> photograph by Jun Hiraoka

24位Tの松山英樹から首位のローリー・マキロイまでは11打差だが、3位Tまでは5打差でしかない。3日目、4日目、松山の「正の連鎖」は見られるだろうか。

 ローリー・マキロイ、松山英樹、ジョーダン・スピースのスリーサムが2日目のラウンドを終えた直後。クラブハウスに向かう途上、マキロイの父ゲリーに出くわした。

「ローリーは素晴らしいプレーでしたね」と声を掛けると、父ゲリーは「いや、ただ、もう一日、いいプレーができただけだよ」

 だが、謙遜して見せた言葉とは裏腹に、彼の表情は「我が息子を誇りに思う」と興奮気味に主張していた。

 父ゲリーが言った「もう一日」というのは、初日にロイヤルリバプールのギャラリーがマキロイに投げつけた「まだ木曜日だから大丈夫だぞ」という野次に呼応した言葉だった。

 マキロイはセント・アンドリュースで開催された2010年の全英オープンで初日63の好発進を切りながら2日目に80と崩れた。さらに、今季は米欧両ツアーの実に6試合で初日に好発進しながら2日目に大叩きして後退した。

 それゆえ、初日に66をマークして単独首位に立った今大会も、2日目に崩れるのではないか。そこに人々の関心や興味が集まっていたことは否めない。だから父ゲリーは、2日目も66の好プレーを見せた息子のパフォーマンスを心底喜び、木曜のみならず金曜も「いいプレーができた」と誇らしげに言ったのだ。

マキロイも、すべてが完璧だったわけではない。

 2日目のマキロイは、ボギー発進しながらも前半は5番、6番、8番でバーディー。後半はさらに4つのバーディーを加えて2位との差を4打へ広げる快進撃を見せたが、すべてのショット、すべてのパットが完璧だったかと言えば、決してそういうわけではなかった。

 パー5の10番では、1打目も2打目も左ラフにつかまったが、深いラフからピン1mに寄せた3打目のアプローチは圧巻だった。12番でも左の深いラフにつかまりながら、ピン2.5mに付けた第2打が見事だった。14番では左ラフからの第2打がグリーン奥まで転がってしまったが、そこから80cmに寄せた第3打のおかげでパーを拾うことができた。

【次ページ】 “自信のコンビネーション”が生む正の連鎖。

1 2 3 NEXT
松山英樹
ロリー・マキロイ

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ