SCORE CARDBACK NUMBER

引退から2年。ゴジラがグラウンドに戻る日。
~日米球界が待つ「指導者・松井」~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2014/07/03 10:00

引退から2年。ゴジラがグラウンドに戻る日。~日米球界が待つ「指導者・松井」~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

OB戦には5番DHで出場し、2打数無安打で打点1。4回からはマウンドにも上がった。

 背番号「55」のユニホーム姿がダッグアウトから姿を見せると、ヤンキースタジアムの声援が、一段と大きくなった。6月22日。ヤンキースが主催する毎年恒例のOB戦「オールド・タイマーズ・デー」に、松井秀喜が初めて参加した。満員のファンの前で、レジー・ジャクソン、デビッド・ウェルズら歴代の名選手と一緒にプレーした松井は、試合後、気持ち良さそうに汗を拭った。

「戦いに来ているわけじゃないし、(現役時代とは)全然違います。でも、声援はいつでも嬉しいですね」

 2012年の現役引退後は、自宅のあるニューヨークで「リラックスした毎日」(松井)を送っている。昨年、待望の第一子が誕生したこともあり、家族中心の穏やかな日々を楽しんでいるという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 573文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<徹底検証 ザックジャパンの敗北> この4年間は間違っていたのか。

関連記事

松井秀喜
ニューヨーク・ヤンキース
読売ジャイアンツ

MLBの前後の記事

ページトップ