ブラジルW杯通信BACK NUMBER

元コロンビア代表の日系人がいた!
道工薫、90歳のサムライ蹴球人生。 

text by

北澤豊雄

北澤豊雄Toyoo Kitazawa

PROFILE

photograph byToyoo Kitazawa

posted2014/06/09 10:30

元コロンビア代表の日系人がいた!道工薫、90歳のサムライ蹴球人生。<Number Web> photograph by Toyoo Kitazawa

コロンビアのバランキージャ市で現在も仕事を続けている道工氏。その眼差しは「サムライ」の文化を思わせる精悍さを湛えていた。

コロンビア代表チームのキープレイヤーは2人。

 引退後も海軍に所属しながらアマチュアクラブの指導者になった。1960年にはコロンビア北部のアトランティコ県の選抜チームの監督になり、チームを優勝に導いた。

 平行してバランキージャ市に住む日系人社会でも力を尽くした。道工の発案により「日本・コロンビア友好協会」が1985年に誕生。今日でもバランキージャ市の界隈には800人近くの日系人が暮らしている。その中心にいるのが道工であり、彼にインタビューしている最中にも事務所の電話は三度鳴った。いずれも日系人からの相談だという。ビザやパスポートの更新といった日本大使館が請け負う手続きの問題を始め、仕事の斡旋や日本への出稼ぎの要請、日本での滞在先の確保など、90歳になった今でも道工は精力的に仕事を続けている。さながらコロンビア北部に住む日系人のための駆け込み寺だ。

 そんな道工は、日本戦を前に、コロンビア人選手のキーマンの名を2人上げた。

「コロンビア代表の10番を背負う司令塔、ハメス・ロドリゲスとFWのテオフィロ・グティエレスです。ハメスは視野が広く、ドリブルもパスもシュートもすべてが一級品です。一方のテオは私と同じバランキージャ市の育ちです。2年前にバランキージャ市のスポーツ栄誉賞の授賞式があり、テオと私も選ばれて会場で顔を合わせました。エースのファルカオが怪我を負っていますから、彼が代わりを務めるでしょう。彼のシュート力には注目です」

 日本側のキーマンには本田圭佑の名を上げたが、ヨーロッパのサッカーはあまり見ないという。

 最後に、元コロンビア代表のフットボーラーに、やぼなことを問うた。日本対コロンビアのスコアを予想して下さい、と。

「1-1の同点でしょうか」

 そう言って、小さく笑ったのだった。

コロンビア代表チームでの道工(後列左から5番目)。選手たちの背後に、スタンドから溢れんばかりの大観衆が写る。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
道工薫
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ