サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

カタールは前半で勝負を決めにくる!!
勝利に必要なのは、香川真司の覚醒。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2011/01/21 10:30

カタールは前半で勝負を決めにくる!!勝利に必要なのは、香川真司の覚醒。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

「彼は決勝トーナメントで貴重なゴールを決めてくれると信じている」と語ったザッケローニ監督の期待に香川は応えられるか?

連勝中のカタールは、前半で必ず勝負を決めにくる!

 中国とクウェートを連破したカタールは、前半で勝負を決めている。どちらの試合も、2-0でハーフタイムを迎えているのだ。序盤から力ずくで主導権を奪い、その勢いのままにスコアを刻むのが彼らの必勝パターンである。本田が続けた。

「向こうの土俵で勝負をしない。そこが一番大事で、そこが日本に足りないところ。物怖じせず、受け身にならず、自分たちの良さを出していくことが大事」

 望まれるのは香川真司の爆発だ。

 ヨルダンとの開幕戦で前半39分につかんだ好機を決めていれば、香川自身はもちろんチームの戦いぶりに余裕が生まれていたに違いない。過去の大会における名波浩や中村俊輔の功績を持ち出すまでもなく、背番号10を背負う男のプレーにはそれぐらいの影響力と責任がある。本田との真の意味での共存も、彼自身の復調の先にあるはずだ。

「最後の3分の1のところ(アタッキング・サード)で、どうシュートにつなげていくか。そこで結果を残さないと評価されないポジションだし、チームとしても攻撃の迫力が出てこない」と話す21歳のパフォーマンスこそは、2大会ぶりの頂点を目ざすチームのキーファクターである。

関連記事

BACK 1 2 3
香川真司

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ