Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<悲劇から歓喜までの物語> 1994年のセレソンを奮い立たせた「セナの言葉」。 

text by

シルビオ・ナシメント

シルビオ・ナシメントSilvio Nascimento

PROFILE

photograph byAction Images/AFLO

posted2014/05/07 11:50

<悲劇から歓喜までの物語> 1994年のセレソンを奮い立たせた「セナの言葉」。<Number Web> photograph by Action Images/AFLO
英雄を喪い、悲しみに打ちひしがれる国民を救ったのは、
'94年W杯を制したサッカーブラジル代表だった。
彼らが大会前にセナと交わしていた「ある約束」とは。

 1994年4月20日、パリ、パルク・デ・プランススタジアム。2カ月後にワールドカップを控えるブラジル代表が、パリ・サンジェルマンと親善試合をした時のことだった。日本で行なわれたF1レース第2戦、パシフィック・グランプリの後、パリに立ち寄ったアイルトン・セナが、この試合の始球式でキッカーを務めている。黒いスラックスにゆったりとしたセーターを着たセナは、少しバランスを崩しながら、ボールを蹴った。

 ブラジル代表はこのときまでに'58年、'62年、'70年と3度W杯を制していたが、それはいわゆる“ペレの時代”であり、24年もの間、優勝から遠ざかっていた。

 '94年大会では主力の一人として活躍し、後に横浜フリューゲルスでプレーしたジーニョは、こう振り返る。

「'94年は戦術をはじめ、あらゆる点で見直しがなされたんだ。パレイラ監督が採用したのは4-4-2というフォーメーションで、常に8人が後ろに残っているような守備的なものだった。だからマスコミからは“まるでイングランドみたいだ”と批判されたんだ」

 パレイラは結果を重視したサッカーをするあまり、ブラジル本来の美しいサッカーを忘れている――当時のメディアやファンはセレソンを痛烈に批判し、それが選手たちの重圧になっていた。南米予選で弱小国ボリビアに敗れたことで、信頼度は大きく失墜していた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2374文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<没後20年総力特集>アイルトン・セナの天才性について。
アイルトン・セナ

F1の前後の記事

ページトップ