ゴルフPRESSBACK NUMBER

マスターズ、勝者と敗者を分けたもの。
普段着の「現実」と醒めなかった「夢」。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/04/14 13:00

マスターズ、勝者と敗者を分けたもの。普段着の「現実」と醒めなかった「夢」。<Number Web> photograph by AFLO

20cmのウイニングパットを沈め、2度目の優勝を決めたバッバ・ワトソン。カレブくんを抱き上げ、涙をこらえてギャラリーの祝福をうけた。

15番まで醒めなかったスピースの「夢」。

 ようやく現実が見えるようになったのは、リーダーボードを初めて見たという「15番か16番あたり」。だが、ワトソンに追い付き、追い抜くためには、あまりにも遅い覚醒だった。

 どうしてスピースの夢は醒めてはくれなかったのか――。

 自力と他力の差は、あっただろう。ワトソンは自らの努力と研究と準備を重ね、オーガスタを制した実績と自信を糧に、持てるパワーと得意技を生かして自然体のゴルフを展開した。

 だが、スピースは練習ラウンドをともにしたマスターズチャンプのベン・クレンショーにアドバイスを仰ぎ、クレンショーのキャディにコース攻略を教わり、メンタル面のコントロールは自らのキャディに多くを頼るという状況。

 それは、若干20歳で初出場のスピースができる最大限の努力と工夫ではあったけれど、突き詰めれば、他力に依存せざるを得なかったスピースのゴルフは、最後には自力勝負のワトソンに跳ね飛ばされる結果になった。

「僕もキャディもオーガスタのことを何も知らない」

 とはいえ、「僕もキャディもオーガスタのことを何も知らない」というスピースがマスターズチャンプのワトソンに挑んだ戦いぶりは見事だった。

「バッバはマスターズチャンプに値するゴルフをしていた。完敗だ。僕は勝てなかったけど、メジャーで優勝争いをするという今年の目標をまず1つ達成したから満足。とても楽しかった。勝てなかったけど、ドリーム・カム・トゥルーの気分だ」

 そう言って笑顔を見せたスピースは、もしかしたら今なお夢の中にいるのかもしれない。

 ウイニングパットをしっかり沈めたワトソンは、18番グリーン脇でよちよち歩きで近づいてきた息子のカレブくんを抱き上げ、愛妻アンジーと抱き合い、うれし涙を流した。サンデーアフタヌーンにワトソンが夢見心地になったのは、この瞬間が初めてだった。

 スピースは夢に始まり夢に終わった。ワトソンは現実を戦い抜いて、最後の最後に夢の世界へ。

 勝者と敗者を分けたものは、そんな「夢」と「現実」だった。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

バッバ・ワトソン
ジョーダン・スピース

ゴルフの前後のコラム

ページトップ