SCORE CARDBACK NUMBER

“アマのプロ”日本人第1号、
清水聡のリオ五輪への挑戦。
~「村田を超える」メダルを狙え~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byKaoru Watanabe/JMPA

posted2014/04/02 10:00

“アマのプロ”日本人第1号、清水聡のリオ五輪への挑戦。~「村田を超える」メダルを狙え~<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe/JMPA

ロンドン五輪でメダルを噛む清水。ボクシングでのメダル獲得は、44年ぶりの快挙だった。

 ボクシングのプロ・アマ関係が少しややこしくなってきた。

 先頃伝えられた、ロンドン五輪バンタム級銅メダリスト・清水聡のAPB参戦というニュース。APBとは「AIBAプロフェッショナル・ボクシング」の略で、アマチュアの世界的統括組織であるAIBA(国際ボクシング協会)傘下に新たに設立されたプロ組織のこと。'16年のリオ五輪からボクシングもプロに門戸を開くのだが、出場資格があるのは“アマのプロ”、すなわちAPBとWSB(ワールドシリーズ・オブ・ボクシング)の選手に限定される。既存のプロ選手は事実上出場できないのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 645文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<プロ野球80周年記念特集>81年目の「約束」。

関連記事

清水聡
村田諒太
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

ボクシングの前後の記事

ページトップ