ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

リングの匂いまで感じるほど、
リアリティに富んだ短編集。
~『ミリオンダラー・ベイビー』~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2014/03/25 10:00

リングの匂いまで感じるほど、リアリティに富んだ短編集。~『ミリオンダラー・ベイビー』~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『ミリオンダラー・ベイビー』F・X・トゥール著 東理夫訳 ハヤカワ文庫 743円+税

 アメリカにはボクシング小説の伝統がある。本書の著者は新聞のインタビューで「ボクシングは人生の暗喩、縮図と言うが、人生こそがボクシングの縮図だ」と言った。ごく少数の勝者が名誉も金も総取りし、それに伴う権力までも握る格差社会。ボクシング界そのまま、と言うのだ。だからこそ多くの作家がボクシングを書き続けた。

 本書は、100年前のジャック・ロンドンからアーネスト・ヘミングウェイを経てノーマン・メイラーと続くボクシング文学の伝統に連なる作品。短編が5編、中編が1編、リングに命を賭け、社会の底辺から這い上がろうとするボクサーとトレーナー、カットマン(止血係)、プロモーター達の血と汗と欲望と、そして挫折の世界をクールな眼差しと力強い筆致とで描き切った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ボクシングの前後のコラム

ページトップ