Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

<2014国内男子ゴルフツアー展望> 群雄割拠の戦国シーズン、賞金王の座を掴むのは? 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/03/28 11:50

<2014国内男子ゴルフツアー展望> 群雄割拠の戦国シーズン、賞金王の座を掴むのは?<Number Web> photograph by AFLO

次世代の中心的存在、園田、藤本、小平の3人にも注目。

 そして宮里優作を忘れるわけにはいかない。12月の最終戦・日本シリーズJTカップで涙の初勝利。プロ11年目で未勝利の呪縛から解き放たれたかつての逸材は、真価を問われる一年になる。

 次世代の中心的存在として期待される薗田峻輔、藤本佳則、小平智の同い年の3人は、昨年それぞれ1勝を挙げた。森田理香子、宮里美香らとも同学年。2年後のリオデジャネイロ五輪、そして東京をも明るく照らす、ゴールデンエイジの輝きも見逃せない。

 近年の人気を背負った石川遼に続き、松山も驚くべきスピードで新たなステージへ。2人が巣立った男子ツアーの注目度は薄れ、窮地であることに異論はない。とはいえ、昨季の25試合のうち視聴率が最も高かったのは、両雄不在の最終戦だった(関東地区9.5%、ビデオリサーチ調べ)。想像を超えるプレーと心を揺さぶるストーリーへの魅力はいつ何時も変わらない。男子ツアーに必要なのは、そんなプロスポーツ本来の醍醐味である。

関連記事

BACK 1 2
松山英樹
小田孔明
池田勇太
薗田峻輔
藤本佳則
小平智
石川遼
片山晋呉
谷原秀人

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ