SCORE CARDBACK NUMBER

2011年が楽しみとなった、
有馬記念の好レース。
~物議をかもした“審議”の余波~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKiichi Yamamoto

posted2011/01/15 08:00

2011年が楽しみとなった、有馬記念の好レース。~物議をかもした“審議”の余波~<Number Web> photograph by Kiichi Yamamoto

その差2cmで有馬記念を制したヴィクトワールピサ。3歳馬として8年ぶり15頭目の栄冠

 いまだに物議を醸すジャパンカップの降着“事件”。ブエナビスタの斜行が競走妨害にあたると判定されたことについては納得という見解に大勢がようやく傾いたが、審議に時間がかかり過ぎたことに対する批判は、今後も事が起きるたびに蒸し返されることになりそうだ。揺るぎない裁決基準があれば、事情聴取に多くの時間を割く必要はない、と思う。

 その記憶がさめないうちに起きたのが朝日杯FSの審議。パトロールビデオを確認するとはっきりわかるのが、1着入線のグランプリボスが4コーナーで併走状態だったアドマイヤサガスを外に押し飛ばしている事実。被害馬が着順を下げた意味から言えば、この妨害のほうが罪深いように思うのだが、裁定はセーフだった。10分余りの審議時間でも十分に長く感じたが、この判定に対しては納得の声のほうが少数意見。着順を変えないにしても、騎手は騎乗停止が妥当だったのではないか。短時間でベストの選択をするのは難しいに違いないが、裁決もプロならばそれを遂行しなければならない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

競馬の前後のコラム

ページトップ