SCORE CARDBACK NUMBER

ファンに喝采を浴びた
八重樫の「ロマゴン」発言。
~“強い奴と戦う”ボクサーの本能~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2014/03/08 10:45

ファンに喝采を浴びた八重樫の「ロマゴン」発言。~“強い奴と戦う”ボクサーの本能~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

井上と会見した八重樫(右)は「(ロマゴンは)誰が見ても強い相手だが受けて立つ」と宣言。

 4月6日、メキシコのオディロン・サレタを相手にWBC世界フライ級王座の3度目の防衛戦を行なう八重樫東が、記者発表の席上こうコメントした。

「ローマン・ゴンサレス選手は強すぎてチャンピオンがみな(対戦を)敬遠していると聞いた。次の防衛戦が無事終わったら、僕はその挑戦を受けたい」

 よくぞ言った――これがファンの思いだろう。八重樫が名指したニカラグアの強豪は日本のファンの間で「ロマゴン」として知られ、38戦全勝32KOという不敗記録とともに「軽量級最強」の呼び声も高い。新井田豊、高山勝成もその軍門に下り、ミニマム、ライトフライ級の世界2階級を制覇。さらに3階級目を求めてフライ級に転向したばかり。同日の前座試合で“顔見せ”する予定だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 597文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ソチ冬季五輪総集編

Sports Graphic Number 848

ソチ冬季五輪総集編

 

関連記事

八重樫東
オディロン・サレタ
ローマン・ゴンサレス

ボクシングの前後の記事

ページトップ