沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

ドバイ前哨戦のフェブラリーステークス。
「二強」に割って入る馬は現れるか? 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2014/02/22 08:25

ドバイ前哨戦のフェブラリーステークス。「二強」に割って入る馬は現れるか?<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

ベルシャザールという名前の由来はバビロニアの王の名から。厩舎の先輩クロフネが果たせなかったフェブラリーS制覇を成し遂げ、ドバイに羽ばたけるか。

「勝っておかしくない馬が何頭もいる」

 その武が「勝っておかしくない馬が何頭もいる」と言っているように、一昨年の最優秀ダートホースのニホンピロアワーズ(父ホワイトマズル、栗東・大橋勇樹厩舎)、2003年の覇者ゴールドアリュールの半弟で、7歳になった今年、根岸ステークスで重賞初制覇を果たしたゴールスキーも圏内だ。

 ほかにもベストウォーリアやノーザンリバー、グランドシチーなどクサい馬がいるのだが、これらは3連単や3連複を買うときの相手という感じがする。

 昔ながらの馬連派の私は、ワンダーアキュートを軸に、馬連でベルシャザール、ホッコータルマエ、ニホンピロアワーズ、ゴールスキーに流す。このレースの馬券を買う時点で財布に余裕があれば、ワンダーアキュートの単勝も買いたい。

 今年の人気どころは崩れにくいタイプが多いので、荒れても中穴ぐらいまでのような気がする。

◎ワンダーアキュート
○ベルシャザール
▲ホッコ―タルマエ
△ニホンピロアワーズ
×ゴールスキー

関連記事

BACK 1 2 3
ワンダーアキュート
ベルシャザール
ホッコ―タルマエ
ニホンピロアワーズ
ゴールスキー
武豊

競馬の前後の記事

ページトップ