プロ野球亭日乗BACK NUMBER

低反発球がV2、V3へと導く。
中日は西武黄金時代をなぞる? 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2011/01/15 08:00

低反発球がV2、V3へと導く。中日は西武黄金時代をなぞる?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

現役時代は79年から88年まで西武に在籍していた森繁和・中日ヘッドコーチ。引退後は西武、日本ハム、横浜でコーチを経験。中日の投手部門を統括する落合監督の右腕だ

低反発統一球の導入で大味な野球は一掃される?

 2011年はプロ野球にとって、大きな転換点となる。

 今季から12球団が初めて、同一メーカーのいわゆる「飛ばないボール」を統一球として使用する。当然、チームによっては野球の質の大きな転換を強いられることになる年でもあるわけだ。

 巨人の昨シーズンのチーム本塁打は226本で、チーム打率は2割6分6厘。長打の出やすい東京ドームで6割5分6厘の勝率を挙げてきたが、その有利さは新球で封じられると覚悟している。その巨人を上回る2割9分のチーム打率を誇った阪神も、少なからず新球の不利益を受けることになりそうだ。

「これまでは東京ドームという本拠地を意識して、そういう野球をやってきた部分もあるが、これからはより右打ちや送りバントといった細かな犠牲的な野球を目指さなければならないでしょう」

 こう語るのは巨人の原辰徳監督だった。

 ただ、いくら監督が理想を掲げ、そうしたチーム体質の改善を計ったとしても、そう簡単なことではないのも事実だ。もし巨人と阪神がこの変革に乗り遅れるようなことになれば、セ・リーグの昨年の上位3チームで、新球の御利益を得そうなのは中日ただ1球団だけという様相を呈してくる。

 そうなれば、かつての西武が黄金時代を築いたように、中日もまたV2、V3へと一気に突っ走る可能性も出てくることになる。

関連記事

BACK 1 2 3
中日ドラゴンズ
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ