SCORE CARDBACK NUMBER

クラシックを盛り上げる、
10年ぶりの“地方の星”。
~プレイアンドリアル、JRAに挑む~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/02/08 08:10

クラシックを盛り上げる、10年ぶりの“地方の星”。~プレイアンドリアル、JRAに挑む~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

プレイアンドリアルはG3京成杯で中央初勝利。地方馬初となるクラシック制覇を目指す。2月6日にけいじん帯炎を発症していることが発表されたが、陣営は大目標のダービーへ向けて調整を続けている。

 プレイアンドリアル。「祈りと現実」という意味深長なネーミングの3歳牡馬(父デュランダル、母シルクヴィーナス、川崎・河津裕昭厩舎)が、地方競馬に在籍のまま今春のクラシックに参戦できることを確実とした。

 京成杯(G3)の勝利がクラシックへのチケットとなったわけだが、'04年皐月賞2着のコスモバルク以来となる有力地方馬の中央挑戦に、関係者・ファンら多くの期待が集まっている。

 '04年当時、地方馬にとっては厳しい規定が存在した。コスモバルクはラジオたんぱ杯2歳S(G3)勝ちなどで賞金的には十分に資格を備えていながら「地方競馬所属馬はトライアルに出走して権利を得なければならない」というハードルがあり、弥生賞の1着で初めて皐月賞の権利を得た。ダービーはその皐月賞2着で出走資格を取得。もし5着以下なら青葉賞などのトライアルを挟んで優先権を得なければいけなかったわけで、一度たりとも凡走が許されない状況にあった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 521文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<ソチ五輪直前総力特集>浅田真央ラストダンス

関連記事

プレイアンドリアル

競馬の前後の記事

ページトップ