セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

昇格組・ベローナがまさかのEL圏内?
36歳のエースと熱血監督の快進撃。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/02/05 10:50

昇格組・ベローナがまさかのEL圏内?36歳のエースと熱血監督の快進撃。<Number Web> photograph by AFLO

上位チームとも互角の戦いを見せるマンドルリーニ監督。

「まだまだ物足らん。サプライズを起こす気概を忘れるな」

 12年前の失敗はくり返さない。

 今季、躍進のチームを作り上げたソリアーノSD(スポーツ・ディレクター)は、若手フロントの間でナンバー1との呼び声も高い。前半戦の主役の1人、MFジョルジーニョを冬の市場でナポリに引き抜かれたが、代わりにローマからMFマルキーニョを補強した。

 何より、もともと後半戦からの戦力と計算していた20歳の新人FWイトゥルベが、すでに前半戦だけで5ゴールを奪っている。初ゴールとなった6節リボルノ戦でのFKは、“メッシ2世”の異名通り、鮮烈な一撃だった。

「監督が言い続けてくれたように、後半から本当の戦力になれればいいと思ってる。セリエAはFWにとって難しいリーグだけど、頼りになるチームメイトがいるしね」

 中央のトーニや左のFWゴメスと組む3トップは、後半戦も台風の目だ。

 残留の目安は、毎年勝ち点40前後とされる。残り16試合であと5点なのだから、さすがにもう確実といってもよさそうなものなのだが「まだまだ物足らん。サプライズを起こす気概を忘れるな」とけしかける指揮官が率いるベローナが慢心することはないだろう。

 何せ11年ぶりのベローナ・ダービーの2戦目がまだ残っている。昨年11月の対戦で、青息吐息だったキエーボ相手にまさかの苦杯をなめた。本拠地「ベンテゴーディ」で借りを返さないことには、マンドルリーニの目覚めは悪いままなのだ。

関連記事

BACK 1 2 3
アンドレア・マンドルリーニ
ルカ・トーニ
フアン・イトゥルベ
フアン・ゴメス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ