SCORE CARDBACK NUMBER

正捕手鶴岡を手放した
日ハム、異例の決断のワケ。
~横浜高出身3年目、近藤への期待~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/02/03 06:15

正捕手鶴岡を手放した日ハム、異例の決断のワケ。~横浜高出身3年目、近藤への期待~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

近藤は横浜高の小倉清一郎コーチが「横浜高校の歴代捕手でも3本の指に入る」と絶賛した逸材。

「捕手が安泰ならば、球団は10年もつ」と言われるほど重要なポジションを巡って今オフ、日本ハムが下した決断は、常識では考えられないものだった。昨年も114試合に出場し、2割9分5厘の打率を残した12年目の主戦捕手・鶴岡慎也を、FA宣言をしたからといって簡単に放出してしまったのだ。

 鶴岡はまだ32歳。インサイドワークに長けた捕手の一人で、ダルビッシュ有のような個性の強い投手を気持ちよく投げさせる術も心得ている。

 だが、投手を乗せるのは上手だが、若手を引っ張るタイプではなかった。これまでコーチ会議などでしばしば俎上に載ったのが、鶴岡の「投手言いなりのリード」。チームの若返りを図る日本ハムにとっては、強気で投手を引っ張る捕手こそが求められていた。さらにその背景には、横浜高出身の3年目、近藤健介を一人前に育てたいという思惑がある。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

鶴岡慎也
北海道日本ハムファイターズ
近藤健介
中嶋聡

プロ野球の前後のコラム

ページトップ