SCORE CARDBACK NUMBER

白鵬の記録と稀勢の里の
綱取りに沸く初場所。
~話題は満載、人気復権なるか?~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2014/01/16 06:10

白鵬の記録と稀勢の里の綱取りに沸く初場所。~話題は満載、人気復権なるか?~<Number Web> photograph by KYODO

稽古総見でぶつかる白鵬(右)と稀勢の里。昨年の九州場所は稀勢の里が上手投げで勝った。

「初場所は、その1年の相撲界を占う大事な場所でもあるんですよね。きっと今年の大相撲は面白くなるはずですよ」

 優勝回数27回、今年は大鵬の記録32回にどこまで肉薄できるかが注目される、白鵬が言う。稀勢の里の2度目の綱取りも掛かり、話題満載の2014年初場所が12日、幕を開けた。チケットの売れ行きは、近年稀にみる好調ぶりだ。

「前売りの段階で、初日、7日目、14日目、千秋楽とすでに完売する勢いでした。もちろん稀勢の里効果もあるでしょうが、大相撲人気が盛り返しているのを実感しています」

 そう相撲協会担当者も嬉しい悲鳴を上げるほど。彗星のごとく現れた角界ニューヒーローの遠藤は、昨年の新入幕場所で負った傷も癒え、完全復調の状態で挑む。また、関脇に陥落した琴欧洲は、10勝を挙げて大関復帰を目指すべく背水の陣をしく。そして外国人力士では初めての「幕下付出し15枚目格デビュー」となる、モンゴル出身の逸ノ城。「すでに幕内力士と互角の稽古をしている」と言われるほどの大器でもあり、7戦全勝すれば、史上初となる「1場所での関取昇進」の可能性もある。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

白鵬
稀勢の里

相撲の前後のコラム

ページトップ