SCORE CARDBACK NUMBER

大晦日イベントの消滅を機に
日本人選手が続々とUFCへ。
~格闘技界に押し寄せる変革の波~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byMichiko Yoshida

posted2013/12/22 08:00

大晦日イベントの消滅を機に日本人選手が続々とUFCへ。~格闘技界に押し寄せる変革の波~<Number Web> photograph by Michiko Yoshida

35歳の川尻は「もう無理だという声もあると思うけどあきらめきれない」と決意を語った。

 大晦日といえば、さいたまスーパーアリーナで格闘技のビッグイベント。2001年以来それが当たり前になっていたが、格闘技の「冬の時代」を象徴するかのように、その流れは12年で終焉を迎えることになった。

 昨年、資金難のDREAMに助け船を出す形で大晦日に「DREAM. 18&GLORY4」を開催したGLORYは、12月21日に有明コロシアムで単独で「GLORY13」を行なった。31日には両国国技館でIGF主催による石井慧vs.藤田和之が行なわれるが、この団体はエンタテインメントとリアルファイトのごった煮であるため、ひとつの時代が過ぎ去った感は否めない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 632文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

川尻達也
菊野克紀
清水俊一
ストラッサー起一
石井慧
藤田和之

格闘技の前後のコラム

ページトップ