沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

快速牝馬ベルカントをパートナーに、
武豊、朝日杯でGI全制覇なるか? 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2013/12/14 08:01

快速牝馬ベルカントをパートナーに、武豊、朝日杯でGI全制覇なるか?<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

ベルカントの調教師角田晃一はのちにブエナビスタの母となるビワハイジに騎乗してダービーに出走した経験がある。

関東馬の代表格、ショウナンワダチの切れ味も侮れない。

 去年は1~4着、一昨年は1~3着を独占した関東馬で、今年の代表格と言えるのは、新馬、ベゴニア賞と2戦2勝のショウナンワダチ(牡、父ショウナンカンプ、美浦・大竹正博厩舎)である。

 メンバー中、2戦以上して芝で無敗なのはこの馬だけで、ベゴニア賞を勝ってここに臨むのは、去年の覇者ロゴタイプと同じローテーションだ。2戦とも上がり3ハロンはメンバー最速。特にベゴニア賞のゴール前で見せた切れ味は、小回りコースで馬群から抜け出すときに生きてくるだろう。

 よりによって大外16番枠を引いてしまったが、序盤は自分のリズムでゆっくり行くタイプなので、下げて、少しずつ内に切れ込んで行けばそう大きなマイナスにはならないはずだ。

進取の調教師、大竹正博に期待したい。

 '80年代後半から「関西馬旋風」が吹き荒れ、今や競馬界では「西高東低」が当たり前になってしまったが、それを押し戻す勢力のなかに、この馬を管理する大竹正博が必ず入ってくると私は見ている。2年前、栗東の須貝尚介が厩舎前に芝を張ってから成績が上がった(まだ重賞を勝つ前だった)のを見て自分も即とり入れたり、厩舎スタッフが馬に乗った写真をパネルにし、厩舎の外壁にディスプレイして従業員の士気を上げたりと、やることがふるっている。

「馬がレース中に故障するのは調教師の責任。騎手の制裁点のようなものが、調教師にもあっていいと思う」

 と言い切ったり、自厩舎にいた馬のその後の「馬生」をすべて把握するようつとめていたりと、馬に優しく自分に厳しい。

 こういう調教師に早くGIを勝ってもらいたいという願いを込めて、この馬から買いたい。

◎ショウナンワダチ
○プレイアンドリアル
▲ベルカント
△アトム
×アジアエクスプレス

 先週の予想では、馬連は的中していたのに3連単ボックスが外れ、読者のみなさんに迷惑をかけた。その反省から、今回は印をつけるだけにしておく。

関連記事

BACK 1 2 3
武豊
ショウナンワダチ
プレイアンドリアル
ベルカント
アトム
アジアエクスプレス

競馬の前後の記事

ページトップ