SCORE CARDBACK NUMBER

リハビリ中の藤川球児が
思い描く復帰へのプラン。
~トミー・ジョン手術後は焦らずに~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/12/09 06:00

リハビリ中の藤川球児が思い描く復帰へのプラン。~トミー・ジョン手術後は焦らずに~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

右肘の手術から5カ月が経った11月7日、肘をしならせてキャッチボールを行なう藤川球児。

 行く末がぼやけていても、カブス藤川球児は柔らかな表情で、厳しいはずのリハビリを繰り返していた。6月11日に「トミー・ジョン」と言われる右肘の腱再建手術を受けて以来、キャンプ施設のある米アリゾナ州メサで、孤独なトレーニングを続けている。すでにキャッチボールを再開し、徐々に距離を伸ばすなど、順調な回復を見せてきた。

「怖さはないです。新しい靱帯が入っているんですが、肘のなじむ感じはありますしね。暗くなる必要はないですよ」

 現時点で、復帰時期は具体的に定めていない。他の手術経験者の例からすれば、1年後の来年6月前後が目安となる。それでも、「遅れることはあっても、早めることはしない」と、ペースを上げることには慎重な姿勢を崩さない。もちろん、不安はある。だが、「戻れないことへの不安は自分との戦い」と、サラリと言う。その裏には、メジャーで戦えるという確たる自信があるからだった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

藤川球児
シカゴ・カブス

MLBの前後のコラム

ページトップ