SCORE CARDBACK NUMBER

世界を果敢に狙った
高山一夫の死闘と誇り。
~フェザー級のパイオニアを悼む~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/12/08 08:01

世界を果敢に狙った高山一夫の死闘と誇り。~フェザー級のパイオニアを悼む~<Number Web> photograph by KYODO

再挑戦となった1961年の世界戦、防衛に成功したムーアは高山の手を上げ、健闘をたたえた。

 師走が近づくと、この1年間に物故した元チャンピオンや関係者らのリストを作成し、専門誌の追悼記事を用意するのが筆者の恒例行事になっている。

 今年はなぜか元ヘビー級選手の旅立ちが目立った。モハメド・アリのアゴを打ち砕いたケン・ノートン(享年70)、“白人の希望”トミー・モリソン(44)、タイソンに挑戦して3分もたなかったカール・ウィリアムス(53)。

 そして日本ではあまり伝えられなかったが、エミール・グリフィスが7月に75歳で病死した。ボクシングの聖地マジソン・スクエア・ガーデンで28回もの試合をした人気選手だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 659文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

高山一夫

ボクシングの前後のコラム

ページトップ