SCORE CARDBACK NUMBER

最下位候補から一転、
J2長崎、大躍進の理由。
~昇格プレーオフでもサプライズを~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/11/29 06:00

最下位候補から一転、J2長崎、大躍進の理由。~昇格プレーオフでもサプライズを~<Number Web> photograph by Kyodo News

2009年のJリーグ準加盟から4年。今季から就任した高木琢也監督の下、J1昇格を目指す。

 今季のJ2も、いよいよJ1昇格プレーオフを残すのみ。優勝のG大阪と2位の神戸がJ1昇格を早々に決めたが、残る1枠を巡り、プレーオフ進出争いは熾烈を極めた。

 そんなデッドヒートを盛り上げ、今季のJ2に大きなサプライズをもたらしたのが長崎である。

 JFLから昇格1年目の長崎は今季、率直に言って有力な最下位候補。同じ立場にいた昨季の町田が、1シーズンでJFLに逆戻りしたこともあり、長崎が同じ轍を踏むと見る向きは多かった。

 ところが、常に上位争いを続けた長崎は、J2残留どころか、J1昇格さえも視野に入れるほどの大躍進。リーグ戦を6位でフィニッシュし、堂々プレーオフ進出を果たした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 586文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯出場32カ国を格付する。~WORLD CUP BRAZIL 2014~

関連記事

高木琢也
岡本拓也
V・ファーレン長崎

Jリーグの前後の記事

ページトップ