Number Do MoreBACK NUMBER

<ジョグの原点は狩猟採集時代?> 「Run」と「Jog」の違いを探る。 

text by

飯塚真紀子

飯塚真紀子Makiko Iizuka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/11/26 06:00

<ジョグの原点は狩猟採集時代?> 「Run」と「Jog」の違いを探る。<Number Web> photograph by Getty Images

ジョグとランの境界線は「楽しい」か「苦しい」か。

 要は、走っていて、楽しいか苦しいか。確かに、走るペースには大きな個人差がある。スタミナにも大きな個人差がある。ゆっくり走っていても肺が苦しんでいるなら、つまり、スタミナを使ったシリアスな走りならば、それはランニングであり、速いペースで走っていても、肺が苦しまず、おしゃべりしながら楽しく走ることができるのなら、それはジョギングと言うことはできるのかもしれない。

 しかし、とガヴァー氏は続ける。

「実際には、多くの人が、そのペースに関わらず、“ランニング”という言葉を使っている。その方が、聞く人に、凄いって印象を与えることができるからね」

 なんだ、結局は自意識の問題?

 あの老人の場合はどうなのだろう。いつも何者も寄せ付けないような厳しい顔つきで走っている彼に、思い切って声をかけた。意外にも、老人は立ち止って答えてくれた。

「若い頃は速く走ることができたので明らかにランニングしていた。ゆっくりとしか走れなくなった今は、ジョギングをしているということになるのかもしれない。でも、傍目にはジョガーにしか見えなくても、私自身は少しでも速く走ろうとしているんだ。心は、若い頃のようにランニングしているんだよ」

 毎日5~6マイル、累計で8万2千マイルを走ってきた老人。無駄な脂肪一つない、筋肉がくっきりと浮き出たその脚に、答えを見出した気がした。

関連記事

BACK 1 2 3

陸上の前後の記事

ページトップ