野球クロスロードBACK NUMBER

長野、荻野、雄星、筒香……。
'09年ドラフト1位選手の○と×。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2010/12/31 08:00

長野、荻野、雄星、筒香……。'09年ドラフト1位選手の○と×。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

1年目で打率.288、19本塁打で新人王となった長野。前々年・山口鉄也、前年・松本哲也に続いて3年連続となる巨人からの新人王選出となった

高卒新人ながらも大器の片鱗を見せた横浜・筒香。

 そのほかでは、ヤクルトの中澤雅人は7勝9敗、防御率5.68と数字こそ及第点には程遠かったが、“投壊”した序盤のヤクルト投手陣のなかで奮闘し、その後のチームの快進撃にも一役買った。オリックス・古川秀一も春先こそ出遅れたが、貴重な左の中継ぎとして33試合に登板。防御率3.20とチームの信頼を勝ち取った。

 大学、社会人出身選手の活躍が目立つなか、高卒新人ではただひとり、横浜の筒香嘉智が大器の片鱗を見せてくれた。

「日本ハムの中田(翔)よりもセンスがあると感じました。フォームに無駄がなく、パワー以上にどんなコースにも対応できる技を持っている。ピッチャーからすれば攻めづらいタイプですね」

 開幕前に元中日のエース・今中慎二氏がこのように評価していたが、打者のみならず投手出身のOBですら彼の素質を買っていた。

 周囲の前評判通り、筒香はイースタンリーグで本塁打、打点の二冠王。シーズン終盤に一軍デビューを飾り、最終戦ではプロ初本塁打もマークするなど、中田の1年目を上回る活躍を見せた。

 他者を納得させるだけの結果を残したのはせいぜいこの5名だ。

二軍でのわずか2試合の登板に終わった西武・雄星は「×」筆頭。

 ならば、残りの7名は「×」になるかといえばそうでもない。

 中日・岡田俊哉、広島・今村猛、ソフトバンク・今宮健太、日本ハム・中村勝は高卒ということもあり、いわば将来性を見越してのドラフト1位。この4名全員が今季一軍に昇格したことを見ても期待の高さを窺わせる。

 となれば、「×」は3名となる。

 真っ先に名が挙がるのが西武の雄星だろう。

 ドラフトでは6球団が1位に指名した金の卵も今季一軍出場ゼロ。二軍でもたったの2試合の登板に終わった。原因は左肩痛とされているが、投球フォームを崩すなど不振の兆候はキャンプから表れていた。

【次ページ】 高卒入団組は経験が少ない分、性格が重要となる。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

長野久義
荻野貴司
中澤雅人
筒香嘉智
菊池雄星

プロ野球の前後のコラム

ページトップ