野球クロスロードBACK NUMBER

長野、荻野、雄星、筒香……。
'09年ドラフト1位選手の○と×。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2010/12/31 08:00

長野、荻野、雄星、筒香……。'09年ドラフト1位選手の○と×。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

1年目で打率.288、19本塁打で新人王となった長野。前々年・山口鉄也、前年・松本哲也に続いて3年連続となる巨人からの新人王選出となった

高卒入団組は経験が少ない分、性格が重要となる。

 雄星と同じく左腕でドラフト1位入団の今中氏は、歴代の大物高卒新人と彼をこう比較した。

「いろんな人の意見を取り入れすぎてフォームを崩し、故障したとか言われていますけど、裏を返せば自分に自信がないからそうなっただけ。松坂(大輔)やダルビッシュ(有)、田中(将大)は自分の投球に絶対の自信を持っていたから、高卒でも1年目から堂々と投げられる。僕は彼らほど注目されていませんでしたけど、1年目で放らされたときは『打たれて当たり前。思い切って投げればいい』と、いい意味で開き直っていました。高卒は経験が少ない分、性格は結構重要だと思いますよ」

「谷間世代」と呼ばれないためにも捲土重来を期すべし!

 雄星以外のふたりとなると、新人王候補の筆頭にも挙げられていた阪神の二神一人も、右ひじの故障の影響で一軍登板はゼロ。二軍でもたったの1試合とほとんど投げられずシーズンを終え、一部の解説者から「ダークホース」と評価を受けていた楽天の戸村健次も、一軍ではたったの4試合にしか投げられず期待には応えられなかった。

 冒頭でも触れたように、来シーズンは斎藤を旗頭とした「黄金世代」が球界を席巻するだろう。だからこそ、今年結果を出したドラフト1位選手は2年目のジンクスを跳ね返すだけの成績を残す必要があるし、苦汁を味わった選手は捲土重来を期さなければならない。

「谷間世代」と不名誉な印象を周囲に与えないためにも、来シーズンは彼らにとって大事な1年となる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

長野久義
荻野貴司
中澤雅人
筒香嘉智
菊池雄星

プロ野球の前後のコラム

ページトップ