オリンピックへの道BACK NUMBER

「ぎりぎりまで焦らないタイプ」
高橋大輔、ソチへの逆襲開始! 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2013/11/18 10:30

「ぎりぎりまで焦らないタイプ」高橋大輔、ソチへの逆襲開始!<Number Web> photograph by Asami Enomoto

SPでは日本人歴代最高得点を叩き出した高橋。その復活劇にモロゾフコーチも感極まって涙を流した。

いまもケアが欠かせない右膝にはテーピングが。

 ひとつの光景がよぎる。ある取材で、NHK杯の約1週間ほど前にスケートリンクを訪れたとき、練習を終えた高橋大輔の姿がちらりと見えた。

 その右膝には、ぐるぐると、分厚いテーピングのようなものが巻かれていた。

 思えば、'08年の右膝の故障は、1シーズンという時間軸を超えて、順調にいかなかった出来事の最たるものである。

 今なおそうしたケアを欠かさず行ないながら滑り続け、さらに成長を志していることこそ、高橋の努力そのものなのではないか。

 ショートプログラムのあと、高橋は「希望が見えました」と語った。

 見出した希望の先を見守りたい。

関連記事

BACK 1 2 3
ニコライ・モロゾフ
高橋大輔

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ