SCORE CARDBACK NUMBER

年末恒例、'10年シーズン
ベストアワード発表。
~今宮純が選ぶF1トピックス~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/12/30 08:00

年末恒例、'10年シーズンベストアワード発表。~今宮純が選ぶF1トピックス~<Number Web> photograph by KYODO

 実に長かった60周年シーズン、8カ月におよぶ全19戦はハードな行程だった。他のプロスポーツで、2週連続で南米と中東で開催されるイベントがあるだろうか。コンディショニング面で今年は最後まで非常に厳しかったと思う。

 その大陸間の連戦で2連勝したS・ベッテルが、アブダビGPで初めて単独ポイントリーダーとなり、F・アロンソを逆転して年間王者に輝いた。スピードこそすべてだった。序盤にはマシントラブル、中盤にはチーム内で采配をめぐる混乱も起きていたが、それらを克服した。

 ベストマシンではないながらもよく追い上げ、いったん首位に立ったアロンソの総合力も際立った。M・ウェバーは中盤まで健闘したものの終盤は脆さが見られ、心身ともに燃え尽きた感があった。3勝したL・ハミルトンのアグレッシブな激走は“雨のバトン”の2勝とは違うスタイルで、まさに2人は動と静と言えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 553文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

甦る死闘2010

Sports Graphic Number 769

甦る死闘2010

 

関連記事

F1の前後の記事

ページトップ