SCORE CARDBACK NUMBER

ストーブリーグの主役、
GM稼業の実態とは。
~ヤンキース、キャッシュマンの場合~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2010/12/10 06:00

ストーブリーグの主役、GM稼業の実態とは。~ヤンキース、キャッシュマンの場合~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

ジーターの残留交渉以外にも、クリフ・リーの獲得交渉など今年も重要案件を抱えるキャッシュマン

 街中に早くもクリスマスソングが流れ始めた米国では、ストーブリーグの動きが慌ただしくなってきた。この時期、プライベートな時間を優先する選手をよそに、各球団のGMは、年間でもっとも多忙かつユーウツな日々を過ごす。

 1998年、30歳の若さでヤンキースのGMとなったブライアン・キャッシュマンは、過去数年来、常にオフの主役を務めてきた。潤沢な資金力をバックに、ロドリゲス、サバシアら大物選手と次々に大型契約を締結。その一方で、大金を投資しながら期待外れに終わった選手も数多く、メディアやファンからだけでなく、オーナーの故スタインブレナーから強烈に批判されることも珍しくなかった。ハイリスク・ハイリターンの両面を抱えるヤンキースの首脳にとって、オフ戦略の成否は生命線で、一日たりとも気が休まる日はない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 557文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

外国人監督が語る日本サッカー論ニッポン再考。

関連記事

ブライアン・キャッシュマン
セオ・エプスタイン
ケビン・タワーズ
ビリー・ビーン

MLBの前後の記事

ページトップ