REVERSE ANGLEBACK NUMBER

新入幕勝ち越しの遠藤は「太い」!
ふてぶてしさと、愛される理由。 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byJIJI

posted2013/10/01 10:30

新入幕勝ち越しの遠藤は「太い」!ふてぶてしさと、愛される理由。<Number Web> photograph by JIJI

遠藤は12日目の徳勝龍戦で痛めた左足首を13日目の小結・栃煌山戦で悪化させ14日目から休場した。4場所目での最速三賞受賞はならず。

 新入幕で注目された遠藤は9勝4敗2日休みで秋場所を終えた。12日目の取組みで左足を捻挫し、14日目から休場してのこの成績である。もしケガをせずに15日間を取り終えていたら、ふたケタ勝利に届いたかも知れず、そうなれば敢闘賞の有力候補だったはずだ。実質2日休んでなおかつ9勝だから、高い評価を受けるのは間違いない。

 大学を出て、わずか3場所であっという間に幕内に上がってきたので、今場所までじっくりその相撲を見たことがなかった。序盤の相撲を何番か見て、なかなかたいしたものだと気にはなっていたのだが、両国まで出かけるほどではなかった。

 しかし11日目に旭天鵬を破って勝ち越しを決めたのを見て、「これは」と思い、近くで見ることにした。それほど旭天鵬戦からは強い印象を与えられた。

 新入幕の場所で勝ち越しのかかる一番。緊張しないほうが不思議だ。相手は39歳になったとはいえ、11日目までに7勝をあげ、勝ち越し間近の大ベテラン。優勝経験もある実力者である。その相手に、当たってすばやく右の前まわしを取ると、間を置かずに豪快な投げで勝負をつけた。右の前まわしを取って攻めるのが自分の型なのだが、そこでひと呼吸置いて前に出るといった教科書どおりの戦法ではなく、豪快な投げで決めたところに非凡な勝負勘が感じられた。

「太え野郎だ」という第一印象。

 そして翌日。生で見た遠藤の第一印象は「太い」。といっても、体のどこかが太いとか大きいというのではない。「太え野郎だ」というほうの「太い」である。パッチリした大きな目に総髪。出世に髪の毛が追いつかず、髷が結えないのでオールバックにしているのだが、それが若い未熟さではなく、相手を威圧するような意図的な髪型に見える。

 太いという印象は全体に動作がゆっくりしていることも関係していただろう。特にしこはよく足が上がるのだが、そのあげ方が若いころの千代の富士だとか寺尾とかいった細身の力士のシャープなあげ方ではなく、途中でひと呼吸おいて、再びあがるような独特なもので、体に余裕があるなあと思わせた。

 一部ではイケメンなどといわれ、たしかに大きな目の古典的な美男といえないこともないのだが、表情には新入幕の気負いのようなものはなく、しかもその目は相手からまったく逸れることがない。見に行った日の相手は10枚目の徳勝龍だったが、立合い前の視線のぶつかり合いでははっきり上を行っていた。

【次ページ】 遠藤の人気は、出世や総髪だけではない。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

遠藤

相撲の前後のコラム

ページトップ