SCORE CARDBACK NUMBER

同郷の好敵手が見守った、
高見盛と武州山の断髪式。
~若の里が振り返る“三つ巴”~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byMasako Kakizaki

posted2013/10/18 06:00

同郷の好敵手が見守った、高見盛と武州山の断髪式。~若の里が振り返る“三つ巴”~<Number Web> photograph by Masako Kakizaki

断髪式で武州山に声を掛ける高見盛。同郷の2人は今年1月、同じ場所で引退を表明した。

 10月6日、高見盛の断髪式、「引退年寄振分襲名披露大相撲」が、満員の国技館でにぎにぎしく行なわれた。地元青森からバスツアーで参加した老若男女や相撲ファンで、館内は大盛況。見納めとなる高見盛独特の「気合い注入ポーズ」が披露されると、場内には大歓声が沸き上がっていた。

 その前日の土俵上には、ひとりの力士がひっそりと、まげを落とす姿があった。同郷で、奇しくも今年初場所、高見盛と引退の日を同じくした元前頭3枚目の武州山だ。本人曰く「自分は地味な力士でしたから」と、こちらは興行形式ではなく、関係者300人に見守られての静かな断髪式となった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

高見盛
武州山

相撲の前後のコラム

ページトップ