NumberEYESBACK NUMBER

仕事人を揃えた早稲田、
劇的復活で2冠を制覇。
~箱根駅伝Vへの課題とは?~ 

text by

折山淑美

折山淑美Toshimi Oriyama

PROFILE

photograph byJun Tsukida/AFLO

posted2010/12/03 06:00

仕事人を揃えた早稲田、劇的復活で2冠を制覇。~箱根駅伝Vへの課題とは?~<Number Web> photograph by Jun Tsukida/AFLO

躍進の象徴である大迫は名門・佐久長聖出身。腰高のフォームが特徴だ

 1区から突っ走り、全6区間中4区間で区間賞を獲得して優勝した10月11日の出雲駅伝から4週間。やはり今年の早稲田は強かった。

 11月7日に名古屋-伊勢間で行なわれた全日本大学駅伝。優勝候補の早大は、絶対的自信を持っていた1区のスペシャリスト・矢澤曜が、9位に沈む予想外のスタートとなった。

 1年生・設楽啓太の快走で、早大に46秒差のトップに立った東洋大の2区はエースの柏原竜二。順当ならそのまま東洋大が主導権を握る展開だった。今季初の駅伝で、走り出した直後から「体が重くて走りがおかしいと感じていた」と言う柏原だが、最初の3kmを8分31秒で通過するなど、タイム差とその後のメンバーをみれば東洋大有利の状況だった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

早稲田大学

陸上の前後のコラム

ページトップ