SCORE CARDBACK NUMBER

UFCの頂点へ向かう、
“稲妻”岡見勇信の成長。
~ミドル級タイトルマッチ挑戦へ~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2010/11/28 08:00

UFCの頂点へ向かう、“稲妻”岡見勇信の成長。~ミドル級タイトルマッチ挑戦へ~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

パンチで圧倒した岡見(左)。試合後「アンデウソンと戦い世界王者になりたい」と語った

 総合格闘技界のメジャーリーガー、岡見“サンダー”勇信が夢に向かってまた一歩前進した。11月13日(現地時間)、ドイツで行なわれたUFC122で強豪ネイサン・マーコートを3-0の判定で撃破。UFC世界ミドル級王座への挑戦権を手に入れたのだ。

 試合がこう着すると観客席からブーイングが飛ぶこともあったが、だからといってこの一戦を凡戦と片づけるのは早計だろう。そもそもタイトル挑戦権のかかった一戦であり、両者とも勝ちに固執するのは当たり前。そのうえ、穴が少ない者同士の対戦だったので、派手な攻防が少ないことはある程度想像できたはずだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

岡見勇信

格闘技の前後のコラム

ページトップ