SCORE CARDBACK NUMBER

F1を足元から支えた
ブリヂストンの14年。
~242戦175勝の称えるべき功績~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2010/11/27 08:00

F1を足元から支えたブリヂストンの14年。~242戦175勝の称えるべき功績~<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

最終戦アブダビGPでは現場スタッフが勢揃いしグランプリ最後の記念撮影が行なわれた

 ブリヂストンでワールドチャンピオンになったドライバーは6人いる。M・ハッキネン('98 ~'99年)、M・シューマッハー('00 ~'04年)、K・ライコネン('07年)、L・ハミルトン('08年)、J・バトン('09年)、そしてS・ベッテルが最後のシーズンにその名を連ねた。今季まで3年連続でコンストラクターズチャンピオンが変わったのもめずらしい。ブリヂストンタイヤがそれだけ“普遍的性能”をもたらし、コンペティションを白熱させる要因になったと言えるだろう。

 '97年にフル参戦を開始して以来、175勝、242戦はホンダの340戦には及ばないが、トヨタの140戦よりはるかに多く、日本のタイヤサプライヤーとして長く貢献した。結果がすべてと言われるモータースポーツだが、彼らが一度も技術的トラブルや事故などを起こさず、政治面でもニュートラルに振る舞い、安全・公平・確実なタイヤサービスを地道に続けてきたことを称えたい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 542文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年特別編集欧州サッカー回顧録伝説はいかにして創られたのか。

関連記事

F1の前後の記事

ページトップ