SCORE CARDBACK NUMBER

ルーキー・秋山拓巳は
CSでうれし涙を流せるか。
~阪神投手陣の救世主に~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/10/14 06:00

ルーキー・秋山拓巳はCSでうれし涙を流せるか。~阪神投手陣の救世主に~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

阪神の高卒新人でシーズン2勝以上は球団史上3人目。右腕投手としては初の快挙だった

 阪神のルーキー、秋山拓巳の初登板は8月21日の巨人戦だった。だがプロの世界は甘くない。6回を投げて4失点、というホロ苦いデビュー戦に終わった。マウンドから降りた秋山は、タオルをすっぽりとかぶって「悔しい」と、ひと言だけ漏らすと、そのまま泣き出してしまった。それから7日後のヤクルト戦では5回を投げ、1失点。高卒1年目ながらプロ入り初勝利を上げると、ここでも「嬉しい」と涙を見せた。

 両親が「泣きのタクちゃん」と言うほど涙もろい新人が、今年の阪神投手陣の救世主である。

 今季、西条高からドラフト4位で阪神に入団。その時、秋山が強く意識していたのは、広島の今村猛と西武の雄星のドラフト1位コンビだった。昨年のドラフト会議で自分の名前がなかなか読み上げられず、4位指名となって悔し涙を流したことも影響しているのかもしれない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 501文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

プロ野球ドラフト秘話。1965-2010

Sports Graphic Number 764

プロ野球ドラフト秘話。1965-2010

 

関連記事

秋山拓巳
阪神タイガース

プロ野球の前後の記事

ページトップ