SCORE CARDBACK NUMBER

復帰のアンディ・サワーが
前代未聞の極め技で勝利。
~好調・日菜太の誤算~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2010/10/04 06:00

復帰のアンディ・サワーが前代未聞の極め技で勝利。~好調・日菜太の誤算~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

バックから日菜太にチョークスリーパーを極めるサワー。現在は柔術を習っているという

 ボクシンググローブで極め! 9月18日、シュートボクシングで行なわれたアンディ・サワーと日菜太の大一番は、1R開始わずか48秒、スタンディング・チョークスリーパーによってサワーが一本勝ちを収めた。とどめの極めに至るまでにサワーが繰り出した打撃といえば、バランスを崩させるために繰り出したヒザ蹴りのみ。立ち技格闘技では前代未聞の出来事だろう。

 だが、シュートボクシングでは通常の打撃攻撃だけではなく、立ち技に限って投げや極め技の使用も認めている。だから反則ではなく、ルールに則った攻撃なのだ。そもそも、サワーはスリーパーを狙っていたふしがある。決戦2日前の公開スパー。筆者が「シュートボクシングならではのルールを利用したいと思うか?」と訊くと、サワーは「いい意味でルールを活用したい」と語っているのだ。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

アンディ・サワー
日菜太

格闘技の前後のコラム

ページトップ