オリンピックへの道BACK NUMBER

女子柔道界の2大スターが引退。
塚田真希と谷本歩実の今後は? 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2010/09/29 10:30

女子柔道界の2大スターが引退。塚田真希と谷本歩実の今後は?<Number Web> photograph by Shino Seki

78キロ超級で銅メダルを獲得し、無差別級の出場を直前で取り消した塚田真希。「気力がなかった。どんなに仕上がりが良くても、気持ちひとつでチャンスを潰すとわかった」とコメント

去りゆく先輩の後を継ぐ、杉本美香と上野順恵。

 そして2人が退く今、後を継ぐように、名乗りを上げた選手がいる。

 世界選手権で78kg超級、無差別級の2冠に輝いた杉本美香は、塚田を乗り越えようと精進し、ついに世界の頂点に立った。

 63kg級の上野順恵は、北京五輪代表を目の前にし、谷本に奪われた経緯がある選手だ。昨年、今年と世界選手権を連覇するなど、いまや押しも押されもせぬ同階級の第一人者になった。

 彼女たちの成長も、塚田、谷本という大きくそびえる存在あればこそだったのではないか。

 今後を尋ねられた塚田は言った。

「ゆっくり休んで決めればいいと思います」

 コーチとして指導にあたる予定の谷本は、「今したいことは」と聞かれてこう答えた。

「柔道がしたいです。今も、すごく柔道が好きです」

 第一線に立ち続ける努力とエネルギーは計り知れないものがあっただろう。

 功績あまりある塚田真希と谷本歩実は、それぞれの道で歩き続ける。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

塚田真希
谷本歩実

格闘技の前後のコラム

ページトップ